ブログ

ウラ話その1 特別な贈り物

 

「ダメ出し」では成果につながらない 

『ほめ達!検定公式テキスト』P28より(著 西村貴好)

 

2017年8月に入校された教習生の北河さん(仮称)男性は、

教習初日、車をカーブさせる事がまったくできませんでした。

 

他の教習生の3倍の時間をかけてカーブを覚え、

S字コースなどせまい場所はもっと時間がかかりました。

 

通常12時間のところを38時間、、、

 

突破口が見つかったのは、できているところをみつけて

一つ一つ「ほめる」事でした。

彼は「ほめる」と、ほんの少し笑顔 🙂 を見せてくれました。

 

教習の後半はメキメキと上達し始め

心配だった検定試験も一回で合格!

 

卒業式の彼の笑顔は自動車学校のスタッフにとって

「特別な贈り物」に感じられました。 😳 

入校に関することなど、
お気軽にお問い合わせください!

このサイトを友達とシェアする